食品添加物についての知識

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

食品添加物み

ビル

食品添加物についての知識

食品添加物は定義として、食品の製造の過程において、または食品の加工もしくは保存の目的で食品に添加・混和・浸潤・その他の方法によって使用するもの、とされており、その役割としては、食品の風味や外観を良くするための甘味料・着色料・香料などといったものがあります。
食品添加物指定の基本的な考え方には、国際的に安全性評価が終了し、安全性について問題なしとされているもの、などといったものがあり、粗雑な食品をごまかす目的で使用するものや、添加することで食品の栄養価を低下させる場合などは指定されません。
指定の際には、個別に成分規格が定められており、添加物の純度のほか、製造する際に生じる副産物や有害なヒ素及び金属の含有量の上限値などがあります。
また、培養栽培などを用いた安全性評価のための様々な試験を行い、データを提出しなければなりません。
食品添加物の表示方法においては、容器包装に入れられた加工食品は、原則として使用したすべての添加物名を容器包装の見やすい場所に記載する必要があります。