食品添加物の何が問題か

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

食品添加物み

ビル

食品添加物の何が問題か

食品添加物とは、食品に含まれている「保存料、酸化防止剤、着色料、甘味料、香料」などを言います。
食品添加物の何が問題と言って、使われている量が問題です。
大量に摂取すると、アレルギーが起こるなど身体に異変が出ます。
ひとつひとつの食品に使われている量は微量だったとしても、毎日多くの食品を食べていれば、添加物の量も多くなってしまうかもしれません。
また、発がん性物質などについても報告されていますから、長い間摂り続ければがんになるようなこともあるかもしれません。
食品添加物は食品の見た目を美しく、長く保存できるようにと使われています。
食品を売る側にとっての便利さが優先されています。
特に危ないのは、加工食品です。
肉や魚などの原料に加えることは難しくても、加工する過程でいくらでも加えることができるからです。
加工食品には、肉や魚の加工品、インスタント食品、レトルト食品、冷凍食品、缶詰、菓子類、調味料などがあります。